子宮内膜症について

子宮内膜症について

診療内容

【子宮内膜症とは…】子宮の中は「子宮内膜」という組織で覆われています。厚くなった子宮内膜がはがれ落ちたものが毎月の「月経」です。「子宮内膜」という名前があるくらいですので、本来は子宮の中だけに存在する組織です。この「子宮内膜」が、子宮の外(卵管、卵巣、腸など)にできてしまい、月経のように出血を繰り返すことで子宮や卵巣・卵管、腸などが癒着して様々な症状を引き起こします。これが『子宮内膜症』です。

【子宮内膜症とは…】

子宮の中は「子宮内膜」という組織で覆われています。
厚くなった子宮内膜がはがれ落ちたものが毎月の「月経」です。
「子宮内膜」という名前があるくらいですので、本来は子宮の中だけに存在する組織です。
この「子宮内膜」が、子宮の外(卵管、卵巣、腸など)にできてしまい、月経のように出血を繰り返すことで子宮や卵巣・卵管、腸などが癒着して様々な症状を引き起こします。
これが『子宮内膜症』です。


【子宮内膜症の症状】

①痛み
②不妊

子宮内膜症による痛みは、月経時の下腹部痛だけではなく排便時や性交時にもみられることが多いです。
子宮や卵巣、腸が癒着しているためにちょっとした刺激が強い痛みを引き起こします。
癒着の影響で卵子の通り道である卵管が詰まってしまい不妊症の原因になることも少なくありません。


【診察方針】

①鎮痛剤
②低用量ピル(OC)などのホルモン剤
③GnRHa
④腹腔鏡手術

初期の段階では鎮痛剤を使用することが多いです。
ただ、鎮痛剤では根本的な治療とはなりませんので子宮内膜症の進行を抑えるような治療を考えていくほうが望ましいです。
具体的な治療法は、内膜症の程度や妊娠希望の有無などにより考えていきます。